◼︎丹道夫 富士そば会長

質問:
富士そばが50年続いた秘訣は?
答え:
もう一にも二にも場所だね

昔から母に言われてたの
「お金が欲しいなら、独り占めしちゃダメ。みんなに分けてやる精神がないと絶対に大きくなれない」って

なんでブラックにしなくちゃいけないかね
ちゃんと待遇をよくしてあげれば、みんな働くし、自分も楽ができる
どうしてそんなことをするんだろうね
ああいう企業の経営方針はよくわからない

自分でもよくここまできたなと思う
それはやっぱり、みんなのおかげだね
いい人に出会えたから
頭もいいわけじゃない、体も強いわけでもない、そんなハンパものだから一生懸命やるしかない
そうしたら、みんながよくしてくれたんだよね

一緒に不動産をやった仲間に「どうして一緒にやったの?」って訊いたら、「丹さんには騙されないと思ったから」と言ってたね

自分にそぐわないことを嫌々する
そんな馬鹿らしいことはない
自分を変えるか、仕事を変えるか
もっとやりがいのあることをやらなきゃ
それが見つかるまでは、自分を探すこと

不動産も富士そばも自分の意思でやったから成功できたんだと思う

「丹さん、そば屋はいつかスパゲティ屋になるよ」と言う人もいるけど、それは間違いだと思うんだよね
スパゲティよりは、そばのほうが慣れ親しむだろうと
だから、あんまり個性を強くしたものはダメだと思うの
飽きられちゃうから
僕が一番不安に思っているのは、そばやうどんよりももっと手軽でおいしいものが開発されること